INTERVIEW

社員インタビュー

中途

営業として、
「自分の数字=評価=給与」と、
認めてもらえる仕事がしたい。

営業職

石川 考明 ISHIKAWA TAKAAKI

石川 考明
転職活動を始めたきっかけ これまで法人営業の職に従事して参りましたが、インセンティブなどがあるわけでも無く、やってもやらなくても給与は安定していました。
そんな環境に疑問を持ち始め、やはり営業職として「自分の数字=評価=給与」としてはっきりと認めて貰える仕事がしたいと思った事がきっかけです。
Preciousに決めた理由 法人では無く、個人営業に興味を持ち始めていた頃、たまたま求人を見つけました。
評価制度は申し分ないと思いましたが、入社時はブランド品やモノに対する知識は一切ありませんでした。
未経験の業界で、「新たな知識を得る事は自分にとってプラスになるのでは?」という、軽い気持ちが本音ですが、研修制度もしっかりしていそうだったので未経験でも特に不安はありませんでした。
Preciousで働き始めてから変わったことはありますか 取り扱う商品の幅がかなり広いため、日々勉強です。そういった部分では、以前の自分よりも勉強熱心になったかもしれません。笑

知識が無いと買い取れる商品の幅が狭まる=売上が上がらない。
知識が有れば買い取れる商品の幅が広がる=売上が上がる。

とても単純な話ですが、それだけで売上は大きく変わっていくと考えています。
入社してから失敗したことと成功したことはなんですか 自分の中ではまだ成功と呼べるような成果は果たせていません。
成功できたと実感できる日がくるよう、日々精進していきます。
ちなみに、プライベートでの失敗は何度もしました。笑
最も印象に残っているエピソードはなんですか たまたま査定に伺ったお客様が、某大物芸能人だった時はビックリしました。
この仕事のやりがいは何ですか。 本当にさまざまなお客様がいます。

「もう不要だし邪魔だから処分がしたい。」
「処分したいけど、思い出が詰まっているから処分できない。」

後者のような、なかなか踏み出せないお客様も多いです。
もちろん無理して今すぐ処分する必要は無いと思います。
ですが、お話をしていく中であなただったら任せても良いかなと言っていただけた時は、金額云々ではなく一個人として認めていただけたような気持ちになります。
Preciousで成し遂げたいことはなんですか。 現在は関東メインの1都2県の合計4支店ですが、いずれは北海道から九州まで拠点を置き、全国区の会社にできたらと思います。
うちの社長はフットワークが軽いので、やろうと思えば出来なくはないのでしょうが…笑 それが実現できるよう、既存の支店の絶対的な基盤作りをまずは徹底していかないとなりません。
今後のキャリアはどのように考えていますか 僕が入社した頃は、設立間もない事もあり、1支店のみの営業2〜3名の会社でした。
それが今では4支店まで展開するようになり、それなりのポジションもいただいています。
今後は新たな事業も始まりますので、総合的に各部門のフォローや底上げができるよう努めていければと思っています。
新入社員に求めるものはなんですか。 現状に満足せず、負けず嫌いで常に上を目指して行こうとする向上心を持ち、新しい事に興味が持てる好奇心旺盛さ、学ぶ為には時間を惜しまないというような方ですね。
やるかやらないかで周りと差がつきます。また、結果次第で年齢や社歴関係無く上を目指せる環境ですので、早期の出世も不可能ではありません。
石川 考明
先輩からメッセージ
「入社してみないと分からない。」
皆がそう不安に思うはずですが、営業会社特有のギスギスした雰囲気はなく、皆で支店を盛り上げようといった環境です。

研修制度もしっかりしており、分かるまで説明します。
僕自身、業界未経験で入社しましたが自分の努力次第で役職も可能です。
悩んでいるのであれば、一歩踏み出してみましょう。やるかやらないかで人生は変わるはずです!
共に頑張って行きましょう!

その他のインタビュー